よくあるご質問

ご入稿の際に分からない事があったら、参考にしてください!

■手描き/データ共通
Q1. 表紙は表と裏を分けて描いてもいいのでしょうか?
A1. なるべく1枚にして描いて下さい。どうしても分けないと行けない場合は当社までご相談下さい。
Q2. 本文が手描きとデータが混ざっているのですが、入稿できますか?
A2. 対応可能です。(料金は無料です)
※データ→アナログ→データなど、何回切り替わってもOK
但し、発注時の通信欄に、それぞれ何ページ〜何ページまでがアナログ、データか記載してください。
手描き原稿に関する質問
Q1. 他社製の原稿用紙を使っても大丈夫?
A1.

他社製の物でも全く問題ありません。
但し、コチラの条件を必ず守ってデータを作成してください。
(できるだけ全ページ同じ原稿用紙で統一して下さい)

Q2. 投稿用サイズの原稿用紙でも大丈夫?
A2. 投稿用でも大丈夫です。縮小して製版します。
Q3. イラストボードや厚い紙にに描いても大丈夫?
A3. 弊社の場合対応可能です。
Q4. A3の紙に描いても大丈夫?
A4.

弊社の場合A3ノビ(A3にトンボが付いた範囲までの用紙サイズ)
まで対応可能です。

データ入稿に関する質問
Q1. 箔押しP.Pフルカラーセットの箔のデータの入稿の仕方がわかりません。
A1. 表紙のデータと一緒にする場合は、箔の部分のみレイヤーを分けて頂ければ大丈夫です。
表紙と箔のデータを別にする場合は、箔を押した場合の表紙の見本画像を同封して頂ければ大丈夫です。
Q2. トンボはどうやって入れるの?
A2. 仕上がり+上下左右に3か5mmのヌリ足しがあればトンボは必要ありません。
Q3. グレースケールの入稿はできますか?
A3.

弊社の場合、グレースケールもモノクロ2値も対応しております。
グレースケールは中間調が綺麗にでますが、画像によってはモアレが出る可能性があります。
モノクロ2値はくっきり印刷されますが、硬い仕上がりになります。
解像度は、グレースケール…350dpi~600dpi
      モノクロ二値…600dpi~1200dpi

Q4. アウトラインをかけるって?
A4. Illustratorをお使いで、文字を入力された方に必要な作業です。
文字を図形に変換することによって、当社にないフォントを印刷まで持っていくことができます。
やり方は、テキストを選択して「文字」メニュー→ 「アウトライン作成」です。
Q5. 保存する時PhotoshopEPSを選択できない
A5.

PhotoshopEPSはレイヤーを使っていたりCMYK以外のチャンネル(アルファチャンネル)があったりすると保存時に選択できません。レイヤーを統合もしくは破棄して、CMYK以外のチャンネルを破棄すると保存時に選択できるようになります。
レイヤーやチャンネルをとっておきたい場合は「別名で保存」やファイルをコピーした後に上記の処理をしましょう。

Q6 Illustrator・Photoshop以外のデータでも使用できますか?
A6. 最終的にllustrator・Photoshopで作業するので、互換性のあるソフトであれば大丈夫です。(できれば保存後に実際に開けるかお客様の方で確認してから入稿して下さい,保存形式はEPS又は、PSDでお願い致します)
その他の質問
Q1. 5000冊以上の印刷はできますか?
A1. 可能ですが、料金についてはお手数ですが、弊社までお問い合わせ下さい。
Q2. 割増入稿やエクスプレスでの入稿で、今回は本文入稿をキャンセルしました。
表紙先行の時に入金した分と、表紙はどうなりますか?
A2. 【ご入金について】
この場合は、一旦表紙フェアとして精算させて頂きますので、ご入金頂いた分から表紙フェアの料金のみを、ひとまず精算させて頂きます。
表紙フェア料金はコチラ
清算後の残りの金額は、本文をご入稿の際までお預かりさせて頂く事も出来ますし、返金も可能です。
本文入稿キャンセル後、お客様から特にご指示がなければ、次回のご入稿で使えるよう、お預かりさせて頂きます。
返金の場合は、メールやお電話で、返金希望の旨をお知らせください。
【表紙について】
本文キャンセル後、お客様より特にご指示がなければ、当社で保管させて頂いております。
ご自宅等への発送も出来ますので、ご希望の場合はご連絡ください。
Q3. 上記Q2で一旦キャンセルした本文を入稿するときはどうすればいいですか?
A3. 本文の分のご入金をして頂き、その分の入金証明と本文データのみを、通常の入稿の手順と同じように入稿してください。
その際、通信欄に保管分の表紙を使用の旨を、お忘れなくご記載ください。
本文の分の料金=セットの合計料金ー以前の表紙フェア精算額です。
預かり金を使用の場合は、その旨を通信欄にご記載ください。

※表紙フェアで一旦精算した分の本文のご入稿は、増量キャンペーンはご利用頂けませんので、ご注意ください。