イラストレーターでの入稿のやり方

 

必ずお読みください

 illustratorでご入稿予定のお客さまへ。
illustratorの本文データ入稿無料となりました。


イラストレーターデータでご入稿を行う場合は下記の項目をチェックしてからご入稿してください。
下記の項目をチェックせずにご入稿した場合、入稿をお断りする事がありますので、入稿前に必ずお読みください。

1.トンボを付ける、トンボは必ずトリムマークで作る!
トリムマークでトンボを作る Illustratorデータでご入稿される場合、必ずトンボをお入れください。
トンボの作り方は図のように、画面上部に表示されているメニュー部分の「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」で作ってください。

※メニュー部分の「オブジェクト」からもトンボは作れますが、絶対に使わないでください。

2.レイヤ-のロックとオブジェクトのロックは必ず解除する!

a

ロックは解除する

 レイヤーとオブジェクトのロックは必ず解除してください。この部分がロックされていると、文字のアウトライン化が行われない事があります。
 レイヤーのロック解除方法は左上図の赤枠の部分をクリックして鍵マークを消します。
 オブジェクトのロック解除方法は画面上部に表示されているメニュー部分の「オブジェクト」→「すべてのロック解除」で行ってください。


3.文字は必ずアウトライン化を行ってください。
フォントはアウトライン可する
 上記は文字のアウトライン化前と後の比較となります。
図上部にある文字か前で図下部にある文字か後になります。図下部の文字がアウトライン化さている状態です。文字をアウトライン化すると文字の修正が行えませんのでお気を付けください。
 文字のアウトライン化を行う方法は、アウトライン化を行いたい文字を選択後、画面上部メニュー部分の「文字」→「アウトライン作成」で文字をアウトライン化する事ができます。
 入稿の際、必ずこのアウトライン化を行ってください。

※アウトライン化されていない文字があった場合入稿できませんのでご了承ください。

4.文字のアウトライン化後のチェックを必ず行ってください。
チェックをしてくだい 文字のアウトライン化が終わったら必ずアウトライン化のチェックを行ってください。
チェック方法は、画面上部メニュー部分の「文字」→「フォントの検索・置換」を選択、その後、右図のようなウィンドウが表示され、赤枠の中にフォント名が出ているかを確認します。
 この赤枠の部分にフォントが表示されていると、アウトライン化が行われていないフォントがデータ上に存在しますので、再度アウトライン化を行ってください。
それでも上記の図のようにフォント名が出る場合は下記の項目を行ってください。


 画面上にある文字が全てアウトライン化されているのに、上図のようにフォント名が表示される場合は、空のテキストパスが残っている可能性がありますので、「編集」→「選択」→「孤立点」を選択して、選択された空のテキストパスを削除してください。
 それでも「フォントの検索・置換」でフォント名が出る場合は下記の項目を行ってください。



  フォント名がまだ残っている場合は空のテキストボックス、またはスペースキーによる空のテキストパスが残っている可能性がありますので、「オブジェクト」→「パス」→「パスの削除」を行い「空のテキストパス」にチェックをいれ、OKおクリック。
これでほとんどの場合フォントの検索・置換でフォント名は表示されなくなります。