Wordから入稿

小説等の文字がメインのデータで、ワードで文章データを作った場合
形式を変換しないと、フリークでは印刷ができません。
しかし、その作業は手間が掛かって面倒だし、どうやってやればいいのかよく分からない...
という方の為に、フリークで色々研究してみました。

 


 ■ まず始めに...

  変換用と、変換後の体裁等の確認用に使うソフトはフリーソフトです。
  フリークのスタッフが実際にやってみて、やりやすいと感じた方法とソフトなので、
  あくまでもご参考までにとお考えください。
  また、動作環境によっては、以下と同様にできない場合がありますので、何卒ご了承ください。


 
 ■ 用意(ダウンロード)しておくもの ■

 ・画像形式変換ソフト … PDF→PSDまたはEPSに変換できるもの
 ・画像閲覧ソフト   … PSDまたはEPS形式の画像が見れるもの
              (Photoshopが一番望ましいです)
 ・Adobe Reader    … こちらは必要に応じてで結構です
              WordからPDFデータを作成した後に、解像度を変更する際に使います

  こちらでは、NHC SoftwarePixillionを使用した例をご紹介します。





▼サンプルとしてこのデータを使っていきます。
サンプル


1、ワードソフトで作成したデータを、PDF形式で保存します。
※古いバージョンのソフトだと、PDFデータ作成機能がない場合があります。

PDF作成


 ※ 解像度を変更する場合は、この動作の後Adobe Readerで行ってください。
   Adobe Readerを開き、メニューバー「編集」→「環境設定」→「カスタムの解像度」で
   変更が出来ます。
   PSD形式に変換した後に出る、文字のぼやけやノイズは、こちらで解像度を上げる事によって
   解消される場合があります。
   それでも解消されない場合もありますので、ご参考までにとお考えください。



2、保存したPDFファイルを、画像変換ソフトでPSDまたはEPSに形式変換します。

 Pixillionの場合は、ファイルをドラッグで変換する対象に出来ます。
変換

▼この時点でおおまかなプレビューも見れます。文字化けや体裁崩れはこちらでも確認可能。
変換2

3、上記で変換をクリックすると、PSDファイルが作成されます。

ひとまずこれで、入稿は出来る形になりましたが、
形式変換の際に起こる、文字化けや体裁崩れなどを確認する場合は、
Photoshopなど、PSDファイルを閲覧可能なソフトで開いてみましょう。

Photoshopを持っていないという方は、Photopadなどで確認できます(Pixillionと同時にダウンロードできます)
画像の編集も少し出来るようなので、もし気になるところがあったらこちらで直すことも出来ます。



  ちょっとひと手間かもしれませんが、
 これで小説データも問題なく入稿できます。
 こちらはあくまで一例ですので、もっと楽で簡単な方法がある方は、
 是非ご提案ください。


  ※ 形式変換後に、文字がぼやけたりノイズが掛かってしまう事がありますが、
    データによって対処法がそれぞれ異なりますので、具体的な解消法は当社からは
    ご提案できかねます。
    大変恐れ入りますが、お客様の方でデータに合わせた対処をお願い致します。